当前位置: 首页 > 按病情/症状 > 鼻炎 > 佐藤制药 鼻炎口服药 打喷嚏流鼻涕鼻塞 ストナリニS 18片

浏览历史

佐藤制药 鼻炎口服药 打喷嚏流鼻涕鼻塞 ストナリニS 18片
prev zoom next
佐藤制药 鼻炎口服药 打喷嚏流鼻涕鼻塞 ストナリニS 18片
  • 商品货号:JPY116001
  • 商品库存: 100
  • 商品品牌:佐藤制药
  • 上架时间:2017-09-13
  • 商品点击数:1272
  • 本店售价:¥80元(RMB)
    注册用户:¥80元(RMB)
  • 用户评价: comment rank 5
    累计销量: 1件
  • 商品总价:
  • 购买数量:
  • 购买此商品可使用:0 积分

商品描述:

商品属性


 

成分与分量


 


2片中クロルフェニラミンマレイン酸盐 内核6mg、外層6mg(アレルギーによる鼻づまり、鼻水を抑えます。)フェニレフリン盐酸盐 内核6mg、外層6mg(鼻粘膜のうっ血(血がとどこおること)やはれを抑え、鼻づまりを緩和します。)ダツラエキス 内核12mg、外層12mg(副交感神経に働いて、鼻炎による症状を改善します。)添加物として、リン酸水素Ca、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルスターチ、ヒプロメロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロースフタル酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、セラック、白糖、グリセリン、タルク、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、炭酸Ca、酸化チタン、ジメチルポリシロキサン、二酸化ケイ素、ポビドン、カルナウバロウを含有します。用法用量 ○大人(15才以上) 1回服用量1片、1日服用回数1~2回○15才未满 服用しないでください。<用法 用量に関する注意>(1)定められた用法 用量を厳守してください。(2)片剂の取り出し方右図のように片剂の入っているPTPシートの凸部を指先で强く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

 

剂型或形状


 


糖衣片

 

商品特征


 


○ストナリニSは、胃で溶ける外層と肠で溶ける内核からなる時間差作用の二重構造で、1日1~2回の服用ですぐれた效果をあらわします。○ダツラエキスは、鼻汁分泌を抑え、鼻水などの鼻炎症状に效果をあらわします。○のみやすい白色の糖衣片です。

 

功效


 


急性又はアレルギー性鼻炎による諸症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり、なみだ目、头が重い)の緩和

 

使用上请注意


 


1.本剂を服用している間は、次のいずれの医药品も使用しないでください他の鼻炎用内服药、抗ヒスタミン剂を含有する内服药等(かぜ药、鎮咳去痰药、乗物酔い药、アレルギー用药等)、胃肠鎮痛鎮痙药2.服用后、乗物又は機械类の運転操作をしないでください(眠気や目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります。)3.長期連用しないでください

 

以下情况请与医生沟通


 


1.次の人は服用前に医師、药剂師又は登録販売者にご相談ください(1)医師の治療を受けている人。(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。(3)高齢者。(4)药などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(5)次の症状のある人。高熱、排尿困難(6)次の診断を受けた人。緑内障、糖尿病、甲状腺機能障害、心脏病、高血圧2.服用后、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、药剂師又は登録販売者にご相談ください関係部位:症状皮膚:発疹 発赤、かゆみ消化器:吐き気 嘔吐、食欲不振精神神経系:头痛泌尿器:排尿困難その他:顔のほてり、異常なまぶしさまれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。症状の名称:症状再生不良性貧血:青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。無颗粒球症:突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。3.服用后、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増强が見られた場合には、服用を中止し、医師、药剂師又は登録販売者にご相談ください口のかわき、眠気、便秘、目のかすみ4.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、药剂師又は登録販売者にご相談ください

商品标签

用户评论(共0条评论)

  • 暂时还没有任何用户评论
总计 0 个记录,共 1 页。 第一页 上一页 下一页 最末页
用户名: 匿名用户
E-mail:
评价等级:
评论内容: